妊娠・出産・育児

アメリカで妊娠!日本とアメリカの産婦人科の違いなど

こんにちは、koroです。

今日はアメリカでの妊娠&出産についてを記事にしていきたいと思います!私は日本で妊娠したことはありませんが、アメリカと日本の病院(産婦人科)のちょっとした違いなども紹介していこうと思います。

アメリカで妊娠したかな?と思ったら

アメリカでは生理予定日経過の6日前から検査できる妊娠検査薬があります。

実際私が使った妊娠検査薬がこちらです↑

Targetで2個入りで9ドルほどでした。

使用方法

①生理予定日の6日前から使用可能

②5秒間尿をかける

③3分間待つ

④2本線が見えれば妊娠。一本のままなら妊娠はしていない

この妊娠検査薬は生理予定日以降での仕様であれば99%以上正確だそうで、2本線がちゃんとでていればほぼ妊娠確定となります。

実際私も生理予定日以降に使用しましたが、3分も立たないうちに(尿をかけてすぐ)2本目の線が見え始めました。

FIRST RESPONSE PREGNANCY、おすすめの妊娠検査薬なので「あれ、妊娠したかも?」という方はぜひ試してみてください。AmazonやTarget、薬局(CVSやWalgreenなど)で購入可能です。

産婦人科に行くタイミングは?

産婦人科は英語でOBまたはOBGYN(obstetrics and gynecologyの略)といいます。

アメリカでは病院にもよりますが、大体は妊娠7、8週以降ぐらいからしか産婦人科で見てもらえません。私が実際一人目を妊娠したかな思ったとき、産婦人科に電話をして「すぐに予約をしたいのですが」と伝えたところ、最後にあった生理の日などを聞かれ、「今の所まだ5週ぐらいだからすぐには予約はとれないわ、7週以降でなら予約できるけど」と言われました。

これは少し衝撃でした。日本だったら5週でも見てくれるだろうに、、、orz

ちなみに、2人目妊娠時は8週以降(違う病院)で予約可能と言われました。

そしてもっと衝撃だった日本とアメリカの違いは、、、

アメリカの産婦人科はエコー回数が少ない!!

アメリカで出産経験のある方は絶対にこう思ったはず。エコー回数が少ない!!

ちなみにエコーは英語でultrasound(発音はオーチュラサウンドゥ)といいます。覚えておきましょう。

日本にいたら、毎回産婦人科に行くたびにエコーで赤ちゃんの様子を伺えると思いますが(最近は病院によってはエコーのDVDがもらえるとか?!素晴らしすぎる日本!)、通常アメリカの産婦人科では妊娠から出産まで通して数回しかエコーがないのです。もしエコーをしたいのであれば、お金を払って見るというオプションもあるそうですが、すごく高額になると思われます。

実際私が一人目を妊娠して見てもらった産婦人科ではトータルで3回でした。まず一回目は妊娠が判明して初めて産婦人科に行った時。2回めは19週目の時(この時に一番長く、1時間くらいかけてエコーされます)。そして最後は30何週かちょっと忘れちゃいましたが、胎児が逆子ではないかどうかのチェックの時のみでした。

ちなみにこの19週から21週の間で一度エコーがあるのですが、この時のエコーはとにかく長く時間をかけて丁寧にしてもらえます。なぜならこの時に胎児のサイズ(手足や頭の大きさなど全て)を見る必要があるからです。なので、世のお母さん(お父さんも)たちはこの時がお腹の中にいる赤ちゃんをゆっくり映像で見られるチャンスです。しっかり目に焼き付けておきましょう。ちなみにこの時にエコー写真はもらえる病院が多いようです。

どのくらいの頻度で産婦人科に通うの?

アメリカの大体の病院では妊娠30週までは1ヶ月に一回の診察で、30週以降は2週間に1回、そして36週以降は毎週診察となると思います。

ちなみに、エコーもしないのなら何するの?となりますが、毎回するのが胎児の心拍の確認です。お腹にジェルを塗って機械を当てて心臓の音を聞きます。

後はダウンシンドローム(ダウン症)の検査(私は16週の時にしました)、妊娠糖尿病の検査などがあります。

このダウンシンドローム(ダウン症)の検査はするかしないかドクターから聞かれます。私は念の為することにしました。この検査は保険でカバーされる場合とそうでない場合があるようなので、保険会社に問い合わせてみましょう。ちなみに私は血液検査のみでお願いしました。もっと正確に調べたい場合はエコーで確認するようですが、費用が高くなるようです。

そして妊娠糖尿病検査ですが、私の病院では24週から28週の間で一度検査があるようで、この検査の2時間前は何も食べてはいけず、水のみ。そして検査の時間になるとあまーいオレンジソーダのようなものを飲まされます(400mlくらいだったかな)。そして一時間後に血液検査をします。問題があれば、次の日に電話が来ることになっていましたが、私はなんとか大丈夫でした!(後で数値をみたらギリな感じだったので糖分は気をつけないとと思いました)

もし、血液検査の結果がアウトだともう一度検査をし直さなければなりませんが、2回目の検査はもっと時間がかかるみたいです。オレンジソーダを飲んだ後、3時間待たなければいけないとのこと(汗)なので妊娠中の糖分には胎児のためはもちろんのこと、色々と気をつけたいですね。

アメリカでのつわりの対処法は?

私のつわり体験談

出産はもちろん命がけなので大変なのですが、下手すればつわりの方が辛かった!というお母さん達もいるのではないでしょうか?私もその一人かもしれません。つわり、本当に辛かったです(泣)、、、、一人目も二人目もガチなつわりで、やはり3ヶ月24時間四六時中続きましたね。(近所の友だちは産むまでひどいつわりだったそうです(泣))

まず一人目のつわりは妊娠してから5、6週位の時だったかな?やってきました。野菜炒めを作っていたのですが、なんか匂いが気持ち悪い。そしてお腹は空いているけれど、ひとくち食べたら「おぇ!!!」。これがつわりの始まりでした。

かの有名なお米の炊ける匂いも完全にアウトでしたね。玉ねぎの匂いもだめだったし、とにかくつわりってこんなにつらいんだ!というのを身にしみて感じた時でした。

そしてつわりは14週くらいまで続きました。とにかくいつでも吐き続けてました。これと言ってこれが食べたい!という食べ物もなかったです。よく妊婦さんはある特定の食べ物なら食べられるし、すごく食べたくなると聞きますが、私はそういうのは全くなかったです。なのでいつも「どれだったら食べられるんだろう、、」と食の旅じゃないですが、食べられそうなものを探していました。空腹だと本当に気持ち悪いんですよね。

そして二人目。二人目のつわりも妊娠5週目くらいから始まりました。二人目もほぼ症状は同じでひどいつわりでしたが、唯一ちょっと違ってたのが、二人目の時はお米の炊ける匂いはそこまで気になりませんでした。その代わりに、何より一番嫌だった匂いは、バーベキューの匂い!!!!!ちょうど夏の季節で、ご近所さんがお庭でバーベキューをしてるのです(泣)アメリカでは各家庭にバーベーキューマシーンが大体あって、夏はよく週末などパーティーをしています。なので、毎週末近くなるとびくびくしていました。あの炭の焼ける匂いがどうしてもだめで、本当に嫌でした。(妊娠前は大好きでいい匂い!と思っていたのに)ちなみに、夫もバーベキューがしたいということで、私はベッドで寝込んでいたのですが、バーベキューを勝手に始めてしまい、この時程夫に殺意を抱いたことはありません(笑)今となっては笑い話ですが、その当時は本当に怒りとつわりの気持ち悪さでどうかなってしまいそうでした。どうして女性だけが妊娠する体になったんでしょうね、男性にも経験してどれだけ大変か分かってほしいものです。

深夜に寝ていてもものすごい気持ち悪さで目が冷め、何度もトイレでゲーゲーと吐いたり、とにかく二人目も空腹が気持ち悪くて何か食べないとと思うのですが、食べていても気持ち悪い、食べた後も気持ち悪いと、とにかく何をしていても気持ち悪かったです。そして二人目のつわりは18週くらいまで続きました。

どうやってつらいつわりを乗り切ったかと言うともう時がすぎるのを地道に待つ。。。という行為が一番です、、、というかそれしかないorz 私の場合気晴らしできるものもあまりなく、ただただベッドに横になっているだけした。しいていえば、同じつわりで苦しんでいる人の体験談をネットで見ることが励みになりました。なので自分も自分のつわりの体験談をここに載せてみました。

アメリカでのつわりの対処法は?

アメリカの産婦人科でつわりがひどいんです、と伝えるとだいたいこの2つを飲むように言われます↓

ビタミンB6Unisom(Doxylamineという成分)です。

(注)使用する場合は必ずご自分の担当の医師と相談して決めてください。

実際私もつわりが酷い時に飲んでみましたが、心做しか少しマシになったような感覚はありました。でもまあ吐いてましたけど。効き目は多少はあったようです(私の場合)。

もうあとはつわりというのは時がすぎるのを辛抱強く待つしかないですよね、、、、(しかも二人目以降だとつわりプラス上の子のお世話など本当にきつい(泣))本当に辛いですが、いつか必ず終わりは来ますから、どうか今つわりで苦しんでいるお母様方にはなんとか乗り越えてほしいものです。本当に妊娠、出産というのは命がけですね。お母さんたちはすごい!!自分で自分をいっぱい褒めてあげましょう!

アメリカでおすすめの葉酸サプリ

葉酸サプリは妊娠を希望してる段階(妊娠する前から)で飲み始めるといいと言われていますね。

葉酸は赤ちゃんのDNA形成に関わる大切な栄養素となるので、アメリカでもしっかりと葉酸サプリをとることを進められます。

ちなみにこのサプリのことをアメリカではPrenatal Vitamineといいます。

私が実際に飲んでいる葉酸サプリはこちらです↓

まずはこちら、ネイチャーメイドのサプリです。

色といい大きさといい、ちょっと衝撃ですよね。つわり中飲むのは苦しかったし、飲んでも何度か吐いてしまうこともありました。アメリカのサプリって大体大きくて飲むときに喉に支える感じがあるんですよね(汗)

でもこのサプリは飲み始めたら爪が割れにくくもなりました。ちゃんと栄養が行き届いているのだなというのがよくわかりました。

コストコで150粒入り20ドルほどでした。

そしてもう一つ飲んでるのがこちら↓

こちらはRainbow lightというブランドのPrenatal Oneというものです。Target で26ドル(75粒入り)でしたが、セールか何かで20ドル程で購入。

こちらはNON GMO(遺伝子組み換えでない)で、安心して飲めます。しかし匂いがちょっときついですね、、なんというかペットのエサのような匂い?がします、、、しかし、これもお腹の中にいる赤ちゃんのためなのでしっかりと摂取したいですね。

一日一粒でOKです。



終わりに

いかがでしたでしょうか?日本からアメリカに来て初めて妊娠した人などの参考に少しでもなればと思っています。

妊娠、出産というのは本当に奇跡の連続です。赤ちゃんはもちろんですが、どうかお母さん自身の身体も大事にしていきましょう。そして周りの家族の協力(こそ?)大事です。

また次回は出産についての記事も書けたらなと思っています。

クリック励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

ABOUT ME
koro
在米歴約10年の主婦で2児の母。リアルなアメリカンライフをお届け中。アメリカでの子育て、生活情報、日々の徒然など。甘いもの大好き人間。最近は舌がどんどんアメリカ化していってます…