美容・健康

自宅でセルフまつ毛パーマに挑戦!おすすめのセルフまつ毛パーマキットの紹介

こんにちは、koroです!

実は先日自分でまつ毛パーマに挑戦してみました!

ずっとまつ毛パーマをしてみたいと思っていてサロンを探していたのですが、まあ出産してからなかなか時間もとれず、そしてコロナで外出禁止(T_T)

自宅待機となったので、自分でできないか色々とリサーチ。

日本ではセルフでまつ毛パーマができるキットが売っていると聞いたことがあったので、アメリカにもないのかアマゾンでチェックしてみたらありました!

↓私が見つけたまつ毛パーマキットがこちら

Lash Lift Kit $19.99

他にも色んなブランドのセルフまつ毛パーマキットが売られていましたが、ネットで実際に使ってみてレビューしている方がいらっしゃったので、私もこちらのブランドのものを購入してみました!

たったの$20ほどだし、うまくいかなくても別にいいやと軽い気持ちでやってみましたが、ちゃーんとカールしました!

ただやはりはじめの一回目はコツが掴めてないので、左目はうまくいきましたが、右目のまつ毛はカールが弱めになってしいました。

一度やってコツを掴んだので、次の日もう一度右のまつ毛のみ挑戦してみたら、本当にいい感じにパーマがかりました!

ビフォアー、アフターの写真を載せたい所ですが、キモいので、おはずかしいのでパーマ後のものを後で小さく載せておきます、、、。(しかし、本当にきれいにカールしました!)

※使用前はアレルギー反応があるかどうかのパッチテストを必ずしてから使用しましょう

やり方を雑に説明すると、

  1. まずノーメイクの状態で瞼の上をきれいにします。
  2. 写真にあるリフトパット(小さい箱)を開けます。リフトパットはS〜Lサイズまで入っておりますが、アジア人ならSサイズでオーケーかなと思います。自分の瞼にフィットするものを選んで下さい。
  3. そして、リフトパットの裏面にLashes glue(長細いやつ)を裏に塗って瞼につけます。ちゃんと瞼に張り付くまでしばらく手で抑えておくといいです。(このLashes glueは付けまつ毛につけるノリと同じっぽい)
  4. リフトパットがいい感じにまぶた全体にくっついたら今度はリフトパッドの表面にlashes glueを縫っていきます。そして長細い箱に入っているLash lift toolを使ってまつげをリフトパットにくっつけていきます。(この作業がうまくできればきれいにカールします!まつ毛の根元からしっかりリフトパットにくっつけましょう!)
  5. ちゃんとまつ毛がリフトパットにくっついたらパーマ液(perm)をまつ毛に塗ります。そのままでもいいかもしれませんが、私はラップをまつ毛の上から貼りました。そのまま12分待ちます。
  6. パーマ液の後はFixationを塗って、12分。(またラップします)
  7. クレンザーをまつ毛に塗ってリフトパットをとり、瞼の上もクレンザーをぬってきれいにします。
  8. 最後にNutritionをまつ毛につけておわり!

↓仕上がりはこんな感じ。キモいんで小さく載せておきます

もともとまつ毛も少ないし、マスカラをする時は必ずビューラーでカールさせてましたが、毎回これをやるのが面倒で面倒で😓

しかも短くて頑固なまつ毛なのでなかなかカールしなかったのですが、もうこのセルフまつげパーマのおかげで面倒なビューラーをしなくてもいい!\(^o^)/

ちなみにマスカラをつけたらさらにいい感じになりました(*^^*)

最近したので、どれくらい持続するのは謎ですが、とれてきたらまたセルフでやってみようと思います!ちなみに一回きりではなく、パーマ液などがなくなるまで何回かできます。これで$20は安い!サロンに行く必要はないですね😏

↓アメリカのアマゾンでの購入はこちらから

日本でもセルフまつ毛パーマが売っているみたいです。日本のも気になる〜!

↓クリック励みになります★
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ABOUT ME
koro
在米歴約10年の主婦で2児の母。リアルなアメリカンライフをお届け中。アメリカでの子育て、生活情報、日々の徒然など。甘いもの大好き人間。最近は舌がどんどんアメリカ化していってます…