グリーンカード取得

【2018年雇用ベース・グリーンカード取得】面接日前日にUSCISから恐怖の電話

こんにちは、koroです。

前回の続きです!

NIW申請ステップ

グリーンカードEB-2-NIW(以下NIW)枠申請ステップを時系列で書いてみます。

  • 2018年1月終わり頃 NIW I-140(第一ステップ)提出
  • 2018年6月始め頃 第一ステップが承認される
  • 2018年8月始め頃 EADカードが届く
  • 2018年8月中旬頃 面接のスケジュールを知らせる手紙が届く
  • 2018年9月中旬頃 面接

とにかく第一ステップを提出してから承認されるまで、この”待つ”というだけの行為が非常にストレスでした。毎日毎日まだなのかまだなのかと、、、もし承認されなければすぐにアメリカを出ていかなければいけませんし、、、

結局第一ステップが承認されるまで約5ヶ月かかりましたね。しかもそれぞれ人によって違うみたいです。もっと長くかかる人もいれば、自分たちより遅く提出した人の方が早く承認されたり。

面接のスケジュール

面接のスケジュールはUSCIS(移民局)が指定してきます。手紙で送られてくるのでこまめに郵便物はチェックしましょう。

私たちの場合

私たちの場合はこれがまた厄介でした。

USCISが私たちに面接を指定してきた日は9月の中旬頃

しかし、8月に手紙が送られてきた時点で実は9月にカリフォルニアへ引っ越しすることが決まっていました。(カリフォルニアへの飛行機のチケットも購入済み)

つまり、USCISからの手紙では面接はそのままマサチューセッツ州での面接となっており、そのままマサチューセッツ州で面接を予定通り受けるか、それともUSCISに連絡をしカリフォルニア州での面接をスケジュールしてもらうか非常に悩みました。

弁護士にも相談をし、結局そのままマサチューセッツ州で予定通り面接を受けることにしました。

噂ではカリフォルニアではもっと時間がかかるそうで、もしカリフォルニア州での面接に変更願いを出した場合、面接日が指定されるまで更に待ち続けなくてはいけない可能性もありますし、USCISのことですから、予定変更をすることで更にややこしくなるのはごめんだ!とそのままマサチューセッツ州で受けることにしました。

もちろん、カリフォルニア行きの飛行機チケットはすでに購入済みで、そのあと、カリフォルニアからボストンへの往復チケット(面接用)も購入しました。出費がかさみました。

そして幼児を連れての飛行機、、、せっかくカリフォルニアに着いたのにまた飛行に乗らなくてはいけない、、、。

しかたないですね、人生かかっているグリーンカードのためです。

身の毛もよだった面接日前日のUSCISからの電話

9月にボストンからカリフォルニアに引っ越したのもつかの間、まだまだ落ち着いていない中再び9月中旬に乗り継ぎでボストンへ向かったkoro一家。

面接日前日にボストンへ到着するようにしていました。

そして乗り継ぎの飛行機へ乗り、離陸するのを待っている時です。息子がぐずり気味だったのでなだめていると、ポケットに入っている携帯がブルブルと鳴っていました。

電話だったのですが、手にとった瞬間に切れてしまし、その後留守電が入っていました。

どうせいつものコマーシャルのどうでもいい電話だろうと思っていましたが、一応留守電をきいてみることに。

すると、、、

「こちらUSCISです。明日あなたの面接が予定されていますが、あなたの書類が足りていないので、明日の面接はキャンセルです。来る必要はありません。また再スケジュールを立て直します。なにか質問がある場合は000−000−000へお電話下さい。それでは。」

koro「・・・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はあっっ?!!Σ(゚Д゚)!!!!うそだろぉおおおおおお?!冗談きついわ、、、

体全体の血の気が引きました。

いやいや、ありえんだろ?!書類がそろってない?!そんなのありえない!!!ちゃんと提出して揃ってるから面接日そっちが指定してきたんじゃないの?!もう飛行機に乗ってそっちに向かってるっていうのに、再スケジュール?!また飛行機のるのか?!いやもうありえん!ありえなさすぎる!!なんで前日!!!!嘘だろーーーー!!!!嘘であってくれ!!!何かの間違いであってくれーーー!!!(泣)おかしいだろおおおおおお!!!!!(心の叫び)

隣にいた夫に「これ聞いて」と留守電を聞かせました。

聞き終わった夫は、「とりあえず、僕たちはこのまま予定通り明日USCISに行こう。今ここでどうしたって何も変わらない。」

私は気が動転しているので、「マジ無理だし!なんで?!本当に納得いかない、今からUSCISに電話かけ直す!!!」

「それはやめたほうがいい。今ここで電話でかけ直したところで、あんたの面接はキャンセルされたから来る必要ないって言われるだけや。とりあえず、直接行って顔見て話をしたほうがいい。それに電話ではkoroの名前すら言ってないし、何かの間違いかもしれない。僕にすら電話もメールも来ていないのだから。」

そうかもしれないと思い、電話は書け直さず、そのままにしておきましたが、とにかくむしゃくしゃして腑に落ちない。不安と怒り。

長時間のフライトで疲れているのもあったのか、なんだか泣けてきました。。。。その時はもう本当にショックで、せっかくここまで来たのにまた振り出しにもどされたような、、、

そして、ボストンへの着陸時は精神的にと身体的に疲れたのか酔っていしまいました。袋に泣きながら嘔吐、、、(泣)気持ち悪くて泣いているのか、悔しくて泣いているのかもうよくわからなかったです。

ボストン到着

ボストンへは無事到着はしたものの、「どうせ無駄なフライトやわ、何しにきたんやうちらわ、、、」とふてくされる私。

到着後は予約したホテルへ。

次の日はキャンセルされた面接の日。。。。。

一晩寝た私はもうどうでもいいわ、別に死ぬわけじゃないと開き直り。

とりあえず、面接用に準備したスーツを着て、化粧もしていました。

するとそこへ、顔を洗った夫が暗い顔をしてやってきました。

夫「面接はキャンセルですってUSCISから僕宛に今メール来た、、、

これもおかしな話で、なんで私には電話のみでメールはなし?夫には面接日当日にメールでキャンセルの連絡。

まあこれがUSCISです、はい。

昨日まで冷静だった夫も自分宛てにメールをもらってからは非常にショックだった模様(笑)

化粧をしている私に「そんな化粧する意味もきっとないよ、ぼくこのままパジャマでいこうかな、、、」と笑えない冗談、半分本気にも見える(笑)

二人とも、とりあえずUSCISには行くことにはしていましたが、どうせ追い返されると思っていました。

長くなりそうなので、続きは次の記事で!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

ABOUT ME
koro
在米歴約10年の主婦で2児の母。リアルなアメリカンライフをお届け中。アメリカでの子育て、生活情報、日々の徒然など。甘いもの大好き人間。最近は舌がどんどんアメリカ化していってます…